03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.06/20(Wed)

官庁内電信取扱所(10)「電務局電報調査所」 

denpoutyousasyo
 明治24年8月12日に逓信省分課章程が改正され、電務局が通信課と工務課に分けられた。これとは別に、電気試験所と電報調査所が設置された。電報調査所は電報送受の正否及び電報料収納の当否調査にあたった。
 画像は少し頼り無いが、この電報調査所印である。何故か左回り印である。電務局第一課に続いて使用されたと考えられるが、使用時期は少し後ろにずれ込んでいるかもしれない。
 これらは本来の丸一消が薄かったり、掛かりが悪かった場合に消し直した、いわゆる消印漏れ消印的な性格ではないかとご教示戴きました。

スポンサーサイト
【編集】 |  05:49 |  二重丸型電信印  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.06/19(Tue)

官庁内電信取扱所(9)「電務局第一課」 

denmukyoku
 明治23年6月に、逓信省官制が改定され、内信、外信、工務の3局が廃止され、郵務局、電務局が置かれた。第1課~第3課があり、電信に関する事務は電務局で行われることになった。
電務局第一課は従来に比べるとかなりの大型印であり、丸一型印との2重印となっている。
新小判5厘、2銭、4銭、5銭、15銭、20銭、1円で確認している。

※早速、50銭にも確認のご報告を戴きました。ありがとうございました。3銭は難関でしょうが、新小判の額面揃いの可能性も出てきました。
【編集】 |  05:38 |  二重丸型電信印  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.06/18(Mon)

官庁内電信取扱所(8)「工務局」 

koumukyoku_dai_1_ka
画像の「工務局第一課」は、たまたま貼り込み帳で見つけたものである。有難く頂戴したことは言うまでもない。旧小判4銭、U小判2銭、5銭で確認されている。
 帝国大日本電信沿革史によると、明治20年3月に逓信省官制が改正され、
内信局(第1課:電信法規、第2課:郵便電信局,電信局の局務、第3課:電信線路)、
外信局(第2課:外国電信)、
工務局(第1課:電線建築、第2課:電信技術、電信電話機械物品)、
為替貯金局、
燈台局、
管船局の6局が新たに設置されたとなっている。

【編集】 |  05:10 |  二重丸型電信印  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.06/17(Sun)

官庁内電信取扱所(7)「地理局」 

chirikyoku
地理局電信取扱所である。新小判10銭、50銭で確認している。

【編集】 |  05:57 |  二重丸型電信印  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.06/16(Sat)

官庁内電信取扱所(6)「外務省」 

gaimusho
 外務省電信取扱所である。旧小判4銭、U小判2銭、新小判4銭、20銭で確認している。
【編集】 |  05:26 |  二重丸型電信印  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。