--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.04/21(Sat)

全日本切手展2007 

 本日は、全日本切手展を参観(飲み会参加?)しました。朝一番に到着しましたが、既に受賞の貼紙付きでした。金賞は3点で、安藤源成氏の「外信はがきⅠ(小型-唐草)」(日本郵政公社総裁賞)、石川勝己氏の「手彫封皮」、塚本忠造氏の「加賀金澤の郵便印(不統一印~ボタ印)」でした。
 安藤氏の作品は、三五六葉書の使用済が揃っている(5銭は3通も)と書けば内容はご想像頂けると思います。美しいリーフ作りとともに逸品満載でした。
 石川氏の手彫封皮は、昔フィラテリストに連載された伊藤典昭氏の記事を実践された版別中心の作品。未使用、使用済が整然と並べられていました。最終リーフの6銭封皮(二)にU小判2銭ぺア貼の外郵Yボタカバーが印象的でした。
 塚本氏の金澤は、やはり竜から揃っていますので格が違うという感じです。小判関係も逸品揃いでしたが、旧小判5銭の小ボタ単片満月、大型ボタ鏡字だけの1リーフがあったという記録に留めたいと思います。
 参観前から是非とも観たかったのは長野氏の新小判切手です。楽しい作品でした。先のジャパンACで解体された立太子贈呈帳もあります。各額面ごとに未使用とコンパウンド目打によるシェード分類、使用例(単片、ブロック、カバー)の展開です。新小判には少ないP.13ブロックも4銭、50銭とあります。5厘には東京の初日使用。1円には価格表記カバーが。10銭11枚,4銭貼の57倍重量便は貫禄でした。
スポンサーサイト
【編集】 |  23:14 |  未分類  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
2007.04/21(Sat)

穿孔切手(2)「FR&Co」 

【B12】「FR&Co」
使用者:フィンドレーリチャードソン(Findlay Richardson & Co.)
使用局:横浜(丸一,欧文年号2字)
使用時期:1895-
SENKOU_FR&Co
この「FR&Co」は昔は数少なかったものだが、大量に発見されたようで、今や完全に駄物化してしまった。即売1000円では涙が出る方も多いだろう。しかも新小判の5厘から1円の全13額面で確認されたのも驚きである。額面によってはまだまだ希少なものも存在するが、7額面までは楽に集まるだろう。ただ明治28年といった穿孔としての初期使用は貴重である。
画像は50銭のP.13×12と1円のP.13。数の多いものは目打にも気を配ってみたい。P.13の穿孔は少ないはずなのだが。。。
【編集】 |  00:10 |  穿孔切手  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。