08月≪ 2007年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.09/28(Fri)

丸一年月逆植印 

薄消で申し訳ないが、松江の年月部分が逆植印である。データは32年5月24日ト便である。丸一印顆の構造上ははめ込みは可能である。同じ逆植なら、松山の便号逆植の方が派手な印象がある。
matsue

スポンサーサイト
【編集】 |  23:34 |  丸一型日付印  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.09/27(Thu)

丸一型神戸の偽印 

gibutsu_Oldkoban30sen
 画像は旧小判30銭の無地紙で、摂津神戸らしき丸一印が見える。しかし、よく見ると紋章部分の墨点削りのようである。
下の画像は手彫の鳥45銭の偽物であり、同じ日付の丸一印が押されている。この9月26日リ便の印自体が偽物ということである。
gibutsu_Bird45sen

【編集】 |  08:29 |  小判切手  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.09/26(Wed)

新小判4銭の偽物 

 JAPEXの準備から開放されやっと一息ついています。先日、スタンペックスの参観に行ってきました。こういうのは一人で観るより、収友とワイワイガヤガヤやる方が断然楽しい。小判切手も4作品あり、それぞれに楽しめた。伝説の旧小判12銭1枚貼の記番イウ16号カバーを観られるとは予想していなかった。しかし、お化けのようなコレクションだった。。。
 非競争展ならではの書き込みで人気だったU小判切手。その中に、紅2と青5銭の偽物が貼ってあった。同様なものが手元にもあり、画像の新小判4銭である。小判切手の偽物はほとんどが旧小判であり、U、新小判は少ない印象がある。
gibutsu_Newkoban4sen

【編集】 |  20:50 |  小判切手  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.09/11(Tue)

京都岡崎博覧会特設局(2) 

 田中寛氏が「フィラテリスト」に連載されていた「丸一印雑考」は非常に楽しく読ませていただいていた想い出がある。早いものでもう25年は前の話である。その後、「丸一印の分類と楽しみ方」と改題されて発行された単行本は、今でも丸一印のバイブル的存在である。
京都岡崎の赤2のカバーには縁が無く、画像の青一葉書で我慢している。
kyotookazaki_hagaki

【編集】 |  00:48 |  丸一型日付印  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.09/10(Mon)

京都岡崎博覧会特設局 

京都岡崎の丸一型日付印は、博覧会特設局の消印として有名である。画像はU小判5銭に28年3月12日の日付があり、最初期使用と言われていたがもう更新されているであろう。
新小判の額面別に遊んでみたくなるが、便号入り、空欄を取り混ぜてだが、2,4,5,10,15,25,50銭,1円には見たことがある。新小判の額面揃いを出来る可能性がある。
kyotookazaki


最近になって非公開コメントを戴いたことに気が付きました。全くもって申し訳ございません。返信メールアドレスが文字化けして送信出来ませんので、この場を借りて。
1)懐かしいお話有難うございました。私も下見していたはずなのですが、脱帽です。
2)穿孔の参考文献は以下に書いたものしか知りません。ある程度範囲を絞ることになるとは思いますが、最初は色々楽しまれたら良いと思います。
http://kobanhagaki.blog94.fc2.com/blog-date-200704.html

【編集】 |  05:48 |  丸一型日付印  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.09/07(Fri)

横浜の丸一型明朝体印(4) 

画像は新小判4銭に横浜の明朝体印である。何とも頼りない消印ではあるが、一応は25年6月22日ロ便の初期使用である。
Oさんのブログにある「妥協のない収集」という言葉は非常に耳が痛い。当方の収集は妥協だらけの産物だからである。
YOKOHAMA_250622RO

【編集】 |  00:13 |  丸一型日付印  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.09/06(Thu)

横浜の丸一型明朝体印(3) 

最近良く見かける、明治銀婚切手を貼った神戸横浜間の到着印である。消印タイプも複数確認できる。この小型のタイプは多いのか少ないのか。水平バーの右端が少し下がっている。昨日のはフラットである。
Maruichi_YOKOHAMA_cover

【編集】 |  00:50 |  丸一型日付印  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.09/05(Wed)

横浜の丸一型明朝体印(2) 

連合2銭葉書に空押ししたものである。実逓なら良かったのだが。。。数的には昨日のタイプと同程度か。
Maruichi_YOKOHAMA_RENGOHAGAKI

【編集】 |  00:48 |  丸一型日付印  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.09/04(Tue)

横浜の丸一型明朝体印 

 東京に比べると横浜の明朝体印の方が使用期間は長いが、実例は少ないという印象があった。最近では、神戸横浜開港間便の到着印の例は多く見かけるようになった。また、外国人による記念押印のような扱いも見ることがある。
 印影は4タイプあるようで、単片でこれらを揃えるのは大変である。画像はU小判5銭の紙付であり、某オークションに同様な新小判切手が出品されていたので、台紙貼から切り取ったものかもしれない。この印影は東京と酷似しているタイプで、最も多いのではないだろうか。
Maruichi_YOKOHAMA370

【編集】 |  00:07 |  丸一型日付印  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.09/03(Mon)

東京の丸一型明朝体印 

 丸一型日付印は1国しか集めていないが(正確には1局?)、形式違い等には興味はある。古いオークションカタログを眺めていたとき、どこかで見たなぁと思い、探し出したのが画像の明治銀婚2銭に東京の丸一型明朝体印である。東京は使用期間は短いがタイプ違いもありやっかいである。
Maruichi_TOKYO_mincyo


アクセス数が5000を超えました。更新もしていないのにご訪問いただき有難うございました。PC不調と、別件の業務があり、更新頻度は落ちますが、またご訪問宜しくお願い致します。
【編集】 |  00:12 |  丸一型日付印  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。