10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.06/06(Wed)

押印切手(39)「TEI.TSU. TOKYO」 

【C50】「TEI.TSU. TOKYO」
使用者:帝国通信社
使用局:東京(丸二,櫛型)、東京/木挽町(丸一,櫛型)、京橋(櫛型)
使用時期:1904-1908
TEI.TSU.TOKYO_25_20sen
 その昔、小判切手の押印切手と言えば、15銭と25銭の帝国通信社だった。また、菊50銭のP.13×13.5にこれを入れている方も多かった。
 電報頼信紙から剥がされたものが多く存在するようで、菊切手では1銭、5銭、10銭~1円の8額面に存在する。印色の桃と赤はインクで、澤氏が「鮮やかな赤色」と称されたものは朱肉を使ったものだと考えている。
 入手が容易なので、額面別、消印別に遊びたくなるが、揃えるのは意外に難しい。丸一、丸二、櫛型3局は2額面でしか完成できていない。京橋がやや難しい。
TEI.TSU.TOKYO_15_10_05sen

スポンサーサイト
【編集】 |  06:01 |  押印切手  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。