09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.08/17(Fri)

大阪の外郵印(5) 

 大阪ボタ印の使用が終わっても、20ミリ欧文印は使用されなかったため、国内の丸一型日付印が使用されている。画像は21年11月の黒褐印である。「攝津」の国名表記は国内便にも使用されている。
OSAKA_MARUICHI_21

【編集】 |  00:13 |  外郵印  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.08/16(Thu)

大阪の外郵印(4) 

 これは20年1月の大阪ボタ抹消で、局名は「大坂」である。外郵便では「大阪」よりも「大坂」の方が多いと思うが如何でしょうか。
Osaka_bota

【編集】 |  08:42 |  外郵印  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.08/15(Wed)

大阪の外郵印(3) 

 花型印の使用が終わった後は、また大阪では外郵印はなくなり、国内と同じ大型ボタ印が使用されるようになる。画像は大阪-神戸間であるが、英文表記だったため、外郵便と同じように押印されたものであろう。16年1月23日へ便のN3B3が証示印で、局名は「大阪」である。
Osaka_bota_kaikochi

【編集】 |  00:26 |  外郵印  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.08/14(Tue)

大阪の外郵印(2) 

 これも大阪の花型印だが、証示印がDN3B2で、1881.5.23と便の使用である。次のN3B3との切り替わりは1882年2月頃と推定される。
Osaka_hanagataDN3B2

【編集】 |  00:21 |  外郵印  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.08/13(Mon)

大阪の外郵印(1) 

 地元大阪の外郵印はなかなか難しい。初期大型日付印はなく、国内の白抜子一印や二重丸型KB2単独消が使用されているが、いずれも数少ない。旧小判5銭の単片に散見される◎KB2はこの可能性も高い。
1879年からようやく外国郵便専用の抹消印として、花型印が使用される。最初期は普通の花型印だったが、すぐに真ん中がくり抜かれたようで、この独特の車輪型とも呼ばれるタイプに人気がある。
画像は大阪の花型印TYPEⅡ+◎KB2、1880.6.15ほ便の差出で、この証示印としては後期の使用である。
Osaka_hanagataKB2

【編集】 |  07:33 |  外郵印  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
PREV  | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。